私はこれで、ギターをやめました。

ギター初心者の方でよくある

「私はこれで、ギターをやめました。」

というご意見。

一体なんでしょうか?

実は、『Fのコード』です。

これまでギターにチャレンジした事のある方なら

「そうそう!!」と思うかもしれませんね(笑)

Fを代表とする、あの人差し指をペタンとして

複数の弦を押さえるヤツです。

専門用語では『バレーコード』と言います。

F以外にも、Cm7,Gm,Bmなど、

かなり色々とこのバレーコードはあります。

で、これを避けては弾けない曲も多いので、つい嫌になって

ギターをやめちゃうんですね。

実にもったいない!!

というのも、バレコードはコツさえ掴めば、決して

難しいコードでは無いんです。

むしろ、バレコードーさえマスター出来れば、

もう向かうところ敵なしになるでしょう。

なので、ぜひバレーコードは克服してください。

そうすれば、これから先の人生で、横には楽しいギターがいるはずです。

テレビで見た曲をパパっと弾けるようになるはずです。

そのくらい、このバレーコードは重要です。

で、そのバレコードが登場するのがこのギター講座第2弾。

古川忠義の30日でマスターするギター講座

早くもここで登場です。

そして、早くもここでマスターできます(笑)

一人では気付けないコツが色々と出てきます。

それを知れば、きっと一早くマスターできると思います。